司法書士による時効援用相談(長期間放置していた借金、消費者金融や裁判所から書類、訴状が届いた場合の対処方法)

FrontPage

時効援用相談(昔の借金の対処方法)

借金の支払いをしなくなってから何年間も督促がなかったのに、ある日突然消費者金融や裁判所から、「昔の借金を支払え」という督促状が届くという相談が数多く寄せられています。

この場合に、何の知識も無しに行動を起こすと、ご自身にとって不利益が生じる可能性が高いので、経験豊富な当司法書士事務所にご相談ください。

長期間、支払いをしていなかった場合は、時効援用により、支払いをしなくてもよくなるケースがあります。

借金の督促については、請求を行ってきている相手によって、対処方法が大きく異なりますので、以下、それぞれの対処方法について記載しています。


画像の説明  貸金業者から書類が届いた場合  法律事務所から書類が届いた場合


当事務所の特徴

特徴1(緑) 北海道から沖縄まで全国対応

特徴2(緑) 時効問題に詳しい司法書士が対応

特徴3(緑) 裁判所の訴訟手続きにも対応しています


借金の時効援用相談

長期間放置していた借金について、業者や裁判所から書類が届いた場合、時効援用により、借金の支払いを免れる方法があります。借金問題に詳しい司法書士が、時効援用に関する相談を承っております。全国対応可能です。

時効援用とは?

時効という言葉を聞くと、刑事事件に関するイメージを持たれる方が多いと思いますが、借金・家賃・医療費・携帯電話の通話料金などについても時効という制度があり、一定期間の間、裁判等の手続きを起こされることなく支払いをしなかった場合、時効を援用することにより、その支払いを免れることができます。

時効の対象となるもの

[check]消費者金融やクレジットカードでの借金や買い物の利用料金

[check]携帯電話の利用料金

[check]家賃の支払い

[check]医療費の支払い

お問い合わせ

お問い合わせ(時効援用)




トップページに戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional